Category Archives: リフォーム

木の家づくりで問題点を解決する

日本古来の住宅は、寒冷地を除けば夏をどのように乗り切るかということを主眼に置いて作られていました。

当時の人とはそのように話していたわけではありませんが、昔の住宅を見ると明らかに風通しの良い住宅として設計されていたことがわかります。

日本の夏は暑いことで有名ですが、暑いだけでなく湿気もかなり厄介です。

そこで暑さをしのぎ湿気をできるだけ家の外に出すためには風通しを良くするしかありませんでした。

実際昭和の最初のころの住宅や明治時代の住宅が日本にありますが、断熱性はともかく風通しのいい住宅の設計がされています。

もともと日本の古くからの造りである従来工法は、間口が広いですがこれは窓を大きめに取ったり、玄関を広めに取ったりすることが目的です。

ところが最近は、住宅のすき間はない方がよいといわれるようになりました。

これはエアコンやクーラーなどの冷房が発達したためです。

断熱性を重視してすき間をなくし気密性を高めることによって確かに風の動きはなくなりますが、その代わりに冷房をつけることで涼しく快適に過ごすことができるようになったのです。

ところが、冷房を付け続けると光熱費が高くなりますし、そもそもエアコンの風が苦手な人も少なくありません。

理想を言えば、木の家を造り夏場は湿気を部屋の外に出し涼しい風を送り込むことではないでしょうか。

つまり原点回帰です。

では、冬場はどうするかという問題が出てきます。

実は木の家をつくることによって夏場は涼しく、冬場は暖かくすることができます。

どのように建築するかといえば、住宅の基本は断熱性を重視します。

つまり最近の住宅と同じようにすき間を減らして、室内の暖かい空気が外に出ていくことを防ぐのです。

では風通しの良さはどのようにしたらよいでしょうか。

実は、工夫次第で夏場は風通しの良い住宅にすることができます。

窓を開けるということではありません。

窓を開けても熱い空気しか入ってこないため逆効果であることは周知の事実です。

そこで、床下から空気を送り込むようにします。

壁の中に空気を通れる道をつくり、床下の空気孔を開くことで、空気を上昇気流で流すことが可能になります。

これによって部屋全体に空気を流すことができ、暑さ対策だけでなく湿気自体も室内に充満させることなく、部屋の外に出すことができるのです。

特に押し入れ付近の湿気は空気を流すことで部屋の外に出すことができる点は画期的と言えるでしょう。

[PR] 四季工房の新卒採用・企業情報

外構関連にこだわりを持った注文住宅を建てた経験

以前のこと、賃貸マンションにて生活を送っていたのですが、長期間にわたって家賃を支払い続けることに疑問を感じるようになり、家族として子供が生まれたことをきっかけとして家を建てることを決めました。

最初は手頃な価格で販売されている分譲住宅を探していたのですが、住宅の購入に関しては大きな資金が必要とされてしまうので、どうせ購入するならばこだわりを持った住宅にすることを希望するようになり、注文住宅を建てることを検討しました。

初めは数々のオープンハウスを見て回り、住宅に使われている資材類や、間取りなどをチェックすることを行っていたのですが、後に外構部分になるエクステリア関連にも興味を持つようになり、住宅の外装部分を合わせてロイヤルウッドでこだわりの注文住宅にすることを決めました。

まずは、外壁材に選んだものがあり、私のケースでは一般的なサイディングではなく、漆喰を利用している外壁に設定を行いました。

素焼風でお洒落な風合いを保っている外壁に仕上げる方法で、他にはあまり無いような住宅にすることを期待しました。

また、自動車を大切にしていて、趣味の一つとなっているので、駐車場にもこだわりを持つことになり、いわゆるビルトインガレージの設置も行うことを決めました。

この方法では車庫から住宅内に専用の出入り口を設けている状態になり、出勤する際や帰宅した際にも天候を気にすることなく便利に利用することができると考えました。

また、ビルトインにする方法で車いじりを行うスペースを十分に確保できることもメリットに感じています。

エクステリア関連では、外塀の設置や敷石の設置などもこだわっていて、非常にお洒落なデザインに仕上げることができました。

私の場合ではガーデニングなどを充実させることも希望していたので、植樹のできる環境を作ってもらう方法、パーゴラを設置すること、ウッドデッキを設置することも希望していて、念願通りのエクステリアに施すことができました。

また、庭には小屋を建てることも希望していて、自宅と同じような見栄えを持った小屋を製作してもらうこともできました。

屋根材や壁材が同じものを使っている小屋になり、使い方に関してはガーデニング用品を収納するために必要なスペースになっているので、非常に役立つものとして利用することができました。

初めての注文住宅を建てたことになりますが、実際に完成してみて家族揃って住んでから半年が経過している状態ですが、全く問題点などが見当たらない状態を得ることができていて、失敗しない注文住宅を建てることに成功しています。

私は事前に数多くの物件を調査していて、インターネット上でも新しい住宅資材や、新しい住宅情報などを確認してきたので、理想的と感じることのできる自宅を作り上げることができました。

古くなってしまっても、リフォームしやすい状態に仕上げることもできたので、将来的に長く住める注文住宅を建てることができ、設計士の方にも非常に感謝しています。

トイレのリフォームの様々な疑問点や不安を解決!

トイレのリフォームをしたいけど料金が分からない、どんなリフォームがあるのかなど疑問がたくさん湧いてきますよね。

そこでトイレのリフォームについての様々な疑問を解決していくのでこれから考えている方などいましたらぜひ参考にしてみてくださいね。

まず始めにリフォームの種類についてですが、タンクを取り除いてすっきりとした空間に見せたり、和式を洋式に変えたりと外観が変わる大幅なリフォームの内容もあればビデやお尻の洗浄機能を取り付けたり蓋をセンサー式に変えたりとトイレの機能面を変えたりするリフォームもあります。

次に一番気になる金額についてですが、これはお店によって変わったりするのでお店選びで左右されます。

相場では便器交換で約2~3万円、タンクレストイレは安いもので12万円からあります。

その他にも和式から洋式に変えて約20万円程度だったり、壁紙が1万くらいで交換できます。

次に不安点としてなかなかリフォームに乗り気になれない方の多くにお店選びによる失敗が挙げられます。

失敗のリスクを減らす手段としては必ず事前に保障やサービス内容の確認など下調べをしておくと後悔しないお店選びができます。

リフォームの際に別で業者が間に入る時に起こりやすいのですが、お店で見積もりしてもらったけど後からそれ以上の額を請求されて困ったという失敗も多いので、そういった失敗をしないためにも、見積もりの際にこれ以上金額は増えないのかなど不安に思った事は必ずお店側に確認すると後悔する事がないです。

最後に壊れてないけどトイレを新しくするメリットが知りたいという皆さんに3つのメリットをお教えします。

それは節水・節電・掃除のしやすさです。

昔に比べて約半分の水で流れているので水の無駄にもなりませんし、今やあると便利な暖房付き便座も人を感知して作動するため節電になります。

また、汚れのつきにくいように加工したり、シンプルな形になっているので掃除のしやすさにも一役買っているのです。

トイレを最新式のタイプにリフォームする方法

住宅内に設置されているトイレに関しては、家によって様々な様式のものがあります。

現在では水洗トイレがメインとして使われていることになりますが、中には便器の形状が和式タイプのトイレもあります。

どのような環境であっても不具合を感じてしまうこともあり、その場合ではリフォームを行うことがおすすめです。

和式タイプではなく、洋式のタイプであっても水洗タンクが大きく室内が狭いと感じている方、水漏れなどが頻発に起きてしまい、不具合に感じている方もいます。

このような状態でもリフォームを行う方法で、困りごとを一発で解消させることも不可能ではありません。

まずは、和式タイプの場合では、洋式トイレにリフォームすることができ、室内に大きな段差が生じている場合でも問題なく施工することができます。

トイレの室内が狭いと感じている方のケースでは、タンクレス型のタイプを導入してみる方法で困りごとを見事に解消させることができます。

現在では節水型の便器が最新式として普及をしていて、操作パネルなどを壁付け用として設置されている便利なタイプも主流として用いられています。

トイレリフォームの場合では、便器選びをしっかりと行うことも当然のことになりますが、同時に施工することが必要な場所もあるので、事前に把握しておくことも大切です。

例えば壁紙のクロスを張り替える施工内容も含まれていて、リフォームの際にはクロス選びをしっかりと行うことで快適なデザインの空間に仕上げることができます。

床面も同じように張り替えを行う場面もあり、フリーリングを選んだり、クッションフロアを選ぶ方法なども用意されているので、使い勝手の良いように設定することが望ましい方法です。

施工店探しに関しては、現在ではインターネットを使うと便利になり、優れた技術を持ちながら、十分な施工実績を持っている業者、そして利用料金が安めに設定されている専門業者などもあるので、十分に比較して利用を行うこともおすすめなことです。

→トイレ リフォーム 費用