木の家づくりで問題点を解決する

日本古来の住宅は、寒冷地を除けば夏をどのように乗り切るかということを主眼に置いて作られていました。

当時の人とはそのように話していたわけではありませんが、昔の住宅を見ると明らかに風通しの良い住宅として設計されていたことがわかります。

日本の夏は暑いことで有名ですが、暑いだけでなく湿気もかなり厄介です。

そこで暑さをしのぎ湿気をできるだけ家の外に出すためには風通しを良くするしかありませんでした。

実際昭和の最初のころの住宅や明治時代の住宅が日本にありますが、断熱性はともかく風通しのいい住宅の設計がされています。

もともと日本の古くからの造りである従来工法は、間口が広いですがこれは窓を大きめに取ったり、玄関を広めに取ったりすることが目的です。

ところが最近は、住宅のすき間はない方がよいといわれるようになりました。

これはエアコンやクーラーなどの冷房が発達したためです。

断熱性を重視してすき間をなくし気密性を高めることによって確かに風の動きはなくなりますが、その代わりに冷房をつけることで涼しく快適に過ごすことができるようになったのです。

ところが、冷房を付け続けると光熱費が高くなりますし、そもそもエアコンの風が苦手な人も少なくありません。

理想を言えば、木の家を造り夏場は湿気を部屋の外に出し涼しい風を送り込むことではないでしょうか。

つまり原点回帰です。

では、冬場はどうするかという問題が出てきます。

実は木の家をつくることによって夏場は涼しく、冬場は暖かくすることができます。

どのように建築するかといえば、住宅の基本は断熱性を重視します。

つまり最近の住宅と同じようにすき間を減らして、室内の暖かい空気が外に出ていくことを防ぐのです。

では風通しの良さはどのようにしたらよいでしょうか。

実は、工夫次第で夏場は風通しの良い住宅にすることができます。

窓を開けるということではありません。

窓を開けても熱い空気しか入ってこないため逆効果であることは周知の事実です。

そこで、床下から空気を送り込むようにします。

壁の中に空気を通れる道をつくり、床下の空気孔を開くことで、空気を上昇気流で流すことが可能になります。

これによって部屋全体に空気を流すことができ、暑さ対策だけでなく湿気自体も室内に充満させることなく、部屋の外に出すことができるのです。

特に押し入れ付近の湿気は空気を流すことで部屋の外に出すことができる点は画期的と言えるでしょう。

[PR] 四季工房の新卒採用・企業情報

Comments are closed.