相続放棄って?

故人が残した財産などをそのまま受け継ぐのが相続ですが、これを相続しないことを相続放棄と言います。

http://www.office-takashima.com/souzoku-houki/

個人が残した財産というのは、現金や預貯金、土地などの不動産などプラスになるものもありますが、逆に借金などマイナスになるものも含まれます。

相続をしてしまえばプラスになる財産もマイナスになる財産も自分が受け継ぐということになります。

また故人が直接借金をしていなくても、誰かの連帯保証人になっている場合はやはりこれも相続されます。

こういった事態になったとき、必ず相続しなければいけないとなると大変なことになりますよね。

それを避けるために設定されているのが相続放棄ということになります。

これには手続きが必要となっていて、自分は放棄したいから・・・と放置したまま生活していてもいずれ借金の取り立てなどが来る可能性もあるということになります。

相続というとそれほど身近な存在ではないような気がする人も多いかもしれませんが、たとえば親元を離れて生活をしているとします。

その親が突然亡くなり残った遺残を相続したあとに、実は親が自分の知らないところで多額の借金をしていたことが発覚してしまった場合この借金も相続しなければいけないことになります。

こういったことにならぬよう、若いうちから相続や相続放棄についてしっかりと勉強していただきたいと思います。

Comments are closed.