子宮外妊娠とは

生理予定日を過ぎても生理が来ない、妊娠検査薬で検査をしてみれば陽性だった・・・となれば、妊娠の可能性が非常に高くなり産婦人科に足を運ぶことになります。

ただ妊娠検査薬で陽性だったとしても、本来子宮で着床するはずの受精卵が別の場所で着床してしまっている場合もあります。

それが子宮外妊娠です。

子宮外妊娠の多くは卵管のなかで着床してしまい、その中で受精卵が育ってしまいます。

卵管は細い管となっていて、一度子宮外妊娠してしまった場合その後子宮に移動することがありません。

卵管での子宮外妊娠をそのまま放置してしまうと、細い管の中でどんどん育ってしまい卵管が破裂したり卵管内で流産を起こしてしまうことがあります。

そのため卵管での子宮外妊娠が発覚した場合手術を要する場合が非常に多いです。

非常に悲しいことですが、着床した胎児をそのまま育てることはできません。

子宮外妊娠の場合早期に自然に流産してしまうこともあり、手術が不要になることもあります。

手術の場合子宮外妊娠した部分を除去することになります。

初期段階の場合であれば比較的軽い手術で終わることが多く術後の経過もそれほど心配することはありません。

卵管はもともとふたつありますので、卵管をひとつ取り除くような手術になったとしても、もう片方の卵管が正常であればその後自然妊娠することも可能となっています。

ただし子宮外妊娠に気づかず放置しておくと時には大変な手術になることもあります。

生理が来ないという場合には出来るだけ早くに病院で受診することをお勧めします。

 

お役立ち情報
子宮外妊娠の症状と治療法、手術
妊娠したい

Comments are closed.