国際結婚の大変さと文化の違い

国際結婚を決意したカップルは沢山の障害を乗り越えなくてはなりません。

同じ国籍同士で結婚する時よりも何倍も大変なことがあるでしょう。

国際結婚に踏み切る時は、それまで持っていたビザが切れる時が多いようです。

次にその国に滞在する為に発行できるビザは限られています。

その時帰国して恋人との関係もさよならしてしまうのか、それとも結婚をして一生一緒にいようと思うのか、ここが分かれ道の場合が多いです。

因に、国際結婚ならマリッジコムというサイトがおすすめですよ。

めでたく結婚の道を選ぶことになったら、婚約ビザを発行してそのビザでしばらく滞在できる場合が多いです。

婚約ビザで滞在をしている間に結婚ビザを申請します。

結婚ビザを申請するに当たって結婚しておかないといけないので、その手続きもしなくてはいけません。

国際結婚をするにあたって乗り越える壁はビザ以外にもたくさんあります。

両親の説得もその一つだと思います。

両親は外国にいるわが子はいつか帰ってくるものだと信じています。

それが現地の人と結婚をしてその国の人間になるとなるのですから、反対する人もいるでしょう。

恋人との関係や恋人の誠実さなどをしっかり訴え、理解してもらう必要があります。

もちろん恋人とのご両親ともうまくやっていかないといけません。

日本のルールだけでは理解できない事もたくさんあるでしょうし、しらない文化も山のようにあるでしょう。

もちろんそれは同じ国の者同士が結婚した場合もそうですが、国際結婚だとその違いが大きいのです。

パートナーと心を通わせ、その違いと一つ一つクリアにして良い家庭を築いていく事が大切です。

Comments are closed.