賃貸で暮らすという選択肢

賃貸の良いところは、責任を持たなくて良いところかもしれません。

自分で付けた傷や壊した備品には、責任を持たなくてはいけませんが、経年劣化や災害による破損などは、大家さんに相談すれば直してもらえるでしょう。

転勤の多い家庭などが、家を持ってしまうと、どうしても単身赴任を考えるようです。

家は住まないと傷むともいいますし、家を残して家族みんなで引っ越すわけにはいきません。

かといって、他人に貸すということも、いろいろと心配なものです。

賃貸であれば、解約して引っ越せば、あとの心配はする必要がありません。

大きな家を建てても、いずれ子供が独立すれば、持て余してしまうこともあるかもしれません。

大きな家に、ポツンと暮らすのはさびしいものです。

子供がいるうちは、賃貸でも部屋数のある貸家を借り、子供たちが独立したら、こじんまりした部屋に引っ越す、という暮らし方も選択肢の一つだと思います。

家は大きな財産にもなり、持つことは憧れでもありますが、本当に自分たちに必要なのかどうか、冷静に考えることは必要だと思います。

 

関連LINK
三島市・沼津市の賃貸マンション・賃貸アパート・一戸建てならアパマンショップ加盟、三島の不動産会社、株式会社アーネストにお任せ下さい。

Comments are closed.