残金の一括返済

マイホームを購入するのに多くの人が利用する住宅ローン滞納。

このローンを組む際には、銀行などから審査があり、自分自身でも返済していける金額をよく考えて借入金額を決めることになると思います。

しかし、実際にマイホームに住み始めて思いのほか住宅ローンが重荷になったり、収入の減少により、ローンにまわすお金が足りなくなったリした場合どのようなことになるのでしょうか?

つまり住宅ローンを滞納せざるをえなくなった時、どのような結果が待っているのでしょうか?

住宅ローンは通常、3~6ヶ月延滞しつづけると「期限の利益喪失」となり、残金の一括返済を求められるそうです。

でも現実的にそんなお金は払えませんよね。

そして、返済をそのまま放置し続ける事になると思います。

そうなった場合は債権者が競売の申立てを起こし最終的には強制退去する事になるそうです。

住む家をなくし、財産も全てなくなる、これほど恐ろしいことはないですよね。

この様なことにならない為にも、しっかりとした返済計画を立てて、ローンを組むことはとても大切なことだと思います。

住宅ローン滞納 競売 札幌

Comments are closed.