ホテルのウェルカムボード

日本でウェルカムボードと言えば、古くは旅館の入り口にその日の宿泊予定者名を書いて宿泊客を迎えたものです。

ホテルでは結婚式場もある場合は『XX家、YY家披露宴式場』等と書かれだしたのと旅館の宿泊予定者のウェルカムボードはどちらが歴史的に古いのでしょうか?

私自身も『XX様』と大書されて照れくさい思いをしながらチェックインした事を思い出します。

『ウェルカムボード』は宿泊施設では黒地の木版に白い字で名前が書かれるのが普通ですが、不特定多数を対象にしたウェルカムボードは所謂『垂れ幕』方式も多く、店に客を呼び込む為のキャッチコピーも使われます。

最近の若い人達のパーティーでは本人の手作りのウェルカムボードや、本人によるものでなくても『手作り』風ウェルカムボードに人気がある様です。

この様な物でも個性を強調した方が見る人達の心を和ませると言う事での変化でしょうが、それだけこの習慣も成熟して来たともとれます。

他方、『XX様ご一行』という昔ながらのウェルカムボードも相変わらず存在する事でお互いに良い影響を与え合っていると思われます。

Comments are closed.